紙のリサイクルについて知りたいならこのサイト

>

紙のリサイクルのお話

回収された紙は生まれ変わるんです

そもそもリサイクル製品とは、回収した使用済みの紙を溶かし、新たに紙を作りなおした製品の事です。
段ボールは、リサイクルすると新たな段ボールに生まれ変わりますし、雑誌や新聞紙は、様々な種類の段ボールの箱、絵本、新聞紙、印刷用紙などになって再利用されます。
コピー用紙は、トイレットペーパーやティッシュペーパー等が作られます。
ちなみに、意外ですが自動車の天井部分や床材、カーペット等も再利用したペットボトルを原料としています。
この他にも様々な物にペットボトルは再利用されるので、どんなものにリサイクルされるのか機会があったら調べてみると面白いかもしれません。
きっと新たな発見があり調べてよかったと思えるはずです。

3Rの意味と違いを知ろう

皆さんは、リサイクルに関する用語の1つとして、リデュース、リユース、リサイクル合わせて3Rという言葉を知っていますか?学校の授業で習ったことあるって方もいるかもしれませんが、改めて説明したいと思います。
リデュースは、必要なもの以外は買わず、ゴミをなるべく増やさず、買ったものは長期間使うという意味があり、リユースは、なんでもゴミとして捨てるのではなく、再利用できる物は再利用するという意味で、リサイクルは、必要のないものを物の原料などに再度戻して、新しいものを作るための材料として使用するという意味があります。
1人1人が指定の場所にリサイクル資源を持っていき、なるべくゴミを出さないような生活を送る事で、再利用化が加速し、森を守る事ができます。