紙のリサイクルについて知りたいならこのサイト

>

ペーパーレスの時代がやってきた

メリット

企業がペーパーレス化をするメリットは、印刷する費用を減らす事ができたり、紙で保存しておくよりも格段に探している資料が見つけやすい事です。
データ化しておく事で、会社や出先問わす資料をいつでも見ることができるため便利です。
紙類が減ると、オフィスが広くなり快適に過ごす事ができ、紙に比べて、データにする事でセキュリティー対策をする事ができます。
それ以外にも、紙からデータに変えることで紙の劣化を防ぐことができます。
1つ1つの資料にパスワードを設定する事ができるなど良い点がたくさんあります。
ちなみに最近では、繰り返し書く事ができる電子メモパットやノートなどペーパーレス化できる文房具などもたくさん発売されています。

デメリット

ペーパーレス化のデメリットは、重要な書類などはペーパーレス化できない可能性があったり、データを見る端末によって、画面サイズが異なるため、見にくかったり、見やすかったりする事です。
データ化する事でメモで書くよりもあまり自由にかけません。
IT関連が苦手な人にとってペーパーレス化に対して苦手意識を持つ人が多いという点がデメリットかと思います。
それ以外にも、パソコンソフトを使っているため、予期せぬ事が起こりデータが見れなくなったりします。
ちなみに、ペーパーレス化は、企業で使用する紙だけに留まらず、地下鉄などに乗る際に切符を使わずICカードを使う事も、ペーパーレスという事になります。
新聞、本、雑誌の電子化もペーパーレスしている物の1つです。