紙のリサイクルについて知りたいならこのサイト

>

紙のリサイクルの歴史

上質紙と中質紙

上質紙は、化学パルプで作られていて、上級印刷紙、薄葉印刷用紙、特殊印刷用紙の事を化学パルプで作られた印刷用紙や情報用紙と言ったりしています。
主な使い道として、企業で使用されたり、雑誌に使用されたりします。
紙の特徴は、とても白く、裏表に差があまりなく、破けにくいです。
メジャーな用紙の1つです。
中質紙は、化学パルプ100パーセントで作られておらず、機械パルプを含んでいる紙の事をいいます。
機械パルプは、化学パルプに比べて、吸油性やクッション性があります。
中質紙の主な特徴として、光に紙が当たり続けると白さが薄れていきます。
ちなみに、教科書などは化学パルプと機械パルプを混ぜて作っている可能性が高いです。

アート紙とコート紙

アート紙は、紙を作るための材料に白い塗料を片面だけ塗ることで完成します。
片面だけ白い塗料が塗られている紙を片面アートと言い、中質紙が使われているのを並アートなどと呼んでいました。
特アートは、上質紙を使っています。
アート紙と呼ばれるだけあって、美術系で印刷する際に使われる用紙です。
主に片面アートは、ポスターや表紙などに使われることが多いです。
特アートに使われる用紙よりも高級な用紙が最近では作られています。
この他にも、様々な用紙がありますので、機会があったら調べてみてくだいね。
高級な用紙になればなるほど、価格が高くなってしまいますが、印刷の仕上がりが全く違うので、用途に応じて最適な用紙を選びましょう。